スポーツトレーナーになりた場合、アメリカ留学したほうが良いですか?

スポーツトレーナーになりた場合、アメリカ留学したほうが良いですか?

スポーツトレーナーになりた場合、アメリカ留学したほうが良いですか?

 

スポーツトレーナーになりたい場合、
アメリカ留学は一つの手段になりますよ。

 

短期留学で勉強することもありますし、
長期的に大学に入学したりして
本格的な資格取得などを行うことも良いですね。

 

 

僕が経営している接骨院の患者さんで、
中学を卒業してからアメリカにわたって、
現在海外でトレーナー業務を行なっている子がいます。

 

女性の方なのですが、
とても素晴らしい行動力だと思います。

 

アメリカではNATAが基本になっているので、
NATAの認定資格を取得することがベースとなります。

 

この資格を取得しておけば、
アメリカ国内で働くのはもちろんのこと、
世界中、いろいろなところで働けるようになります。

 

日本では民間資格として扱われていますが、
超高レベルな民間資格に当てはまるので、
就職にも有利だと思います。

 

 

何よりも有利になってくるのが、
英会話が行えることですね。

 

NATAの資格取得できている時点で、
ある程度、英会話を行えるスキルが認められるので、
就職のときに非常に有利に働くと思います。

 

海外ではわかりませんが、
日本国内では通訳兼トレーナーとして
働き続けることが可能になると思います。

 

トレーナーとして働くだけでなく、
通訳として働くことができると、
本当に就職先に困らないと思います。

 

採用側の観点からしても、
間違いなく有利に働くと思うので、
アメリカ留学は良い方法だと思います。