スポーツトレーナーになるのが夢な中学生の方へ。

スポーツトレーナーになるのが夢な中学生の方へ。

スポーツトレーナーになるのが夢な中学生の方へ。

 

以前、治療院で治療をしているときに、
中学生の患者さんに「夢はスポーツトレーナー」
であると言われました。

 

僕も、中学生の頃から
将来的にはスポーツに関わりたいと思っていたので、
この患者さんの気持がとても良くわかりました。

 

 

まず、中学生の方に言いたいのが、
高校は普通科の高校で問題ありません。

 

また、高校生になると「文系・理系」というものを
選択するようになりますが(中学校でもあるのかな?)、
どちらを選択してもスポーツトレーナーにはなれます。

 

生物を選択していなくても、
スポーツトレーナーにはなれます。

 

また、進学校に進まなくても、
日頃の勉強・態度をしっかりしていれば、
スポーツトレーナーへの道は開かれます。

 

 

僕は進学校ではありましたが、
文系を選択して、
生物は専攻しませんでした。

 

それでも、スポーツトレーナーとして活動していますし、
これからも、ますます活動する予定ではいます。

 

高校までの学問というよりも、
高校を卒業してからの学校選びのほうが
とても重要になってくると思います。

 

 

一つアドバイスをさせて頂きたいのが
「英語」と「パソコン」は、
できるようにしておくと有利です。

 

英語は「できたほうが良い」というレベルですが、
パソコンは、確実にできるようにしておくと良いですね。

 

英語をしっかりと学んでおくことは、
これからの日本で仕事していくにあたって、
ものすごく重要なスキルになります。

 

グローバル化・インバウンドといって、
海外の人と接することが多くなりますし、
仕事も英語が必要な時代がやってきます。

 

中学生の方が仕事につく頃には、
英語は当たり前になる可能性が高いです。

 

海外に行けば行くほど、
英語の重要性が下がってきていて、
誰もが英語を話すようになってきています。

 

 

また、中学生の方は、
スマホは使うことが多いでしょうが、
パソコンも使えるようにしておいてくださいね。

 

トレーナー業務の中には、
パソコンでデータ入力を行なったり
分析を行ったりするケースが多くあります。

 

パソコンの基礎部分ができないと、
仕事にならない可能性が高いので、
若い頃から慣れておいてくださいね。

 

使えるようになると、
スマホと同じくらいか
スマホ以上に便利な道具です。

 

 

がんばってくださいね。