スポーツトレーナーは、難易度はどれくらいですか?

スポーツトレーナーは、難易度はどれくらいですか?

スポーツトレーナーは、難易度はどれくらいですか?

 

公的なスポーツトレーナーとして
活動するのは難易度がかなり高いと思います。

 

日本体育協会に認定される必要があるため、
試験に合格する必要もありますし、
推薦などを受ける必要もあります。

 

いろいろな道程を経て、
認定スポーツトレーナー(アスレティックトレーナー)
として活動できるようになります。

 

 

それ以外にも、いろいろな道はあります。

 

日本体育協会以外が発行している資格の中でも、
レベルの高い資格は複数存在しているので、
それらを取得する必要があります。

 

ある程度、業界で認知されている資格であれば、
トレーナーとして認められるようになります。

 

准医療系の資格を取得した後、
自分でボランティア活動などを通じて
トレーナー業務を行うこともできます。

 

経営する立場になって、
トレーナーを派遣する会社を運営する、
といったことも一つの道だと思います。

 

 

いろいろな方向性があると思いますが、
どれも難易度は高いと思います。

 

難易度が高いというだけで、
諦める必要はありませんし、
チャレンジする精神はとても重要になります。

 

 

注意しなければならないのが、
お金さえ払えば誰でも取得できるような
謎の資格を発行している団体ですね。

 

その団体内でしか
資格の価値が認められないような、
微妙な資格が存在しているのも事実です。

 

公的資格には程遠い、
よくわからない資格もあります。

 

トレーナーになりたい人を
資格取得の形で集めておいて、
自分のスタッフとして採用するところもあります。

 

募集→学習→スタッフ雇用までが、
流れに乗っているところもありますが、
評判の良し悪しがあるのは間違いありません。

 

良いところもあると思いますし、
ブラック企業のような会社も
存在しているとは噂に聞いています。