スポーツトレーナーに必要な参考書は何がありますか?

スポーツトレーナーに必要な参考書は何がありますか?

スポーツトレーナーに必要な参考書は何がありますか?

 

スポーツトレーナーになるための
参考書は数多く存在しています。

 

その中でもCSCSやNSCAなどの
参考書はとても役立つと思います。

 

市販されているものですので
ぜひ購入していただきたいですね。

 

 

スポーツトレーナーの基礎学習、
トレーニング・コンディショニングなどの
全般的な部分が書かれています。

 

しっかりと勉強をしていくことで、
ご自分の引き出しが増えていきますので、
どんどん勉強していただきたいと思います。

 

現場と座学では異なる部分もありますが、
座学をしっかりと行っていかないと
基盤がグラつくようになります。

 

 

また、解剖学や生理学など、
一般的な基礎的医学知識も
しっかりと学ぶようにしてください。

 

基礎の部分は何度も何度も復讐して、
頭のなかに徹底的に入れ込むことが重要です。

 

徹底的に頭に入れることで、
トレーナーとしての基盤ができますし、
そこに技術やスキルを上乗せすることによって
高レベルなトレーナーとして活動できるようになります。

 

 

僕たちの職業でとても多いのが、
お医者さんと話をする機会です。

 

スポーツドクターの方と連携をとって、
選手のコンディショニングづくりを
行っていくケースが多いです。

 

そのときに、一般的な医学知識、
最低限の基礎医学知識がなければ、
お医者さんと話をすることができません。

 

話をしていてもチンプンカンプンでは、
仕事として成り立ちませんからね。

 

 

いろいろな参考書が出ていますので、
ご自分にあったものを探し出して
勉強するようにしてみてください。

 

Amazonなどでも購入可能ですが、
一度、医学書専門店に行って
合っていそうな本を読んでみてください。

 

いきなり難しい本に挑戦すると
挫折する可能性が高くなりますので、
難易度の低い本から読むことをオススメします。

 

楽しみながら勉強をして、
楽しみながら基盤を作って、
良いトレーナーになってくださいね。