スポーツトレーナーは、文理選択・文系はどうすれば?

スポーツトレーナーは、文理選択・文系はどうすれば?

スポーツトレーナーは、文理選択・文系はどうすれば?

 

他の記事でも書かせて頂きましたが、
スポーツトレーナーになるのであれば
文理選択はどちらでも構いません。

 

同時に「物理」や「生物」なども、
どちらを選択していたとしても
将来的に有利なものはないと思います。

 

 

強いて言えば「物理」が
専門学校の授業の一部分で
入ってくる可能性はあります。

 

筋トレの中でトルク計算だったり、
いろいろな計算を行うものがあるのですが、
そこで物理の知識が必要になる場合もあります。

 

だからといって、
本格的に学ぶ必要はありませんが。

 

生物も人間の構造とは関係ないので、
専門課程にしなくても大丈夫だと思います。

 

内胚葉・外胚葉といった
「試験で点数を取るための知識」としては、
生物は学んでおいたほうが良いと思います。

 

でも、実際のトレーナーの現場では、
生物学で学ぶような知識は
使われないことがほとんどです。

 

医療系の国家資格を取得する際、
生物で学んでおいたほうが「少し楽」程度です。

 

 

遠い過去の話になってしまいますが、
僕自身も文系を選択していました。

 

数学が大嫌いだったので、
数学があまりない科目選択ということで
文系を選択するようにしました。

 

今の高校生はどうなっているか知りませんが、
昔は文系を選択すると、物理は勉強しませんでした。

 

ですので、僕自身、
物理の知識はほとんどありませんし、
物理を学んだ記憶もまったくありません。

 

それでもトレーナーとして
活動することはできていますし、
長い間、ごはんを食べることができています。

 

 

若いトレーナーに聞いてみたりしても、
文理選択は関係ないと言っている
トレーナーが多いですね。

 

高校在学中よりも、
高校卒業後に何を行うかで
トレーナーの道筋が変わると思います。

 

文理選択ではなく、
専門学校をどこにするかといった
より具体的な選択が必要になりますよ。