スポーツトレーナーに、おすすめ本はありますか?

スポーツトレーナーに、おすすめ本はありますか?

スポーツトレーナーに、おすすめ本はありますか?

 

スポーツトレーナーになりたい方に、
もし一冊、オススメの本をあげるとすれば、
ネッターの解剖学図譜をあげたいですね。

 

人体解剖学をわかりやすく絵にしてあるので、
筋肉の起始停止であったり、筋肉の構造、
関節の構造などを勉強することができます。

 

どれだけスキル部分の勉強をしても、
どれだけスポーツ医学の勉強をしても、
基礎構造がわかっていないと意味がありません。

 

生理学の勉強も重要ですが、
解剖学はより重要になってきます。

 

お医者さんと神経の話ができるくらいまで、
細かな勉強を行うことをオススメします。

 

 

もちろん、他にもオススメの本は
数多く存在していますので、
いろいろなものを勉強すると良いですね。

 

ストレッチの技術、
マッサージケアの技術、
テーピングの技術なども重要です。

 

医学書で分かりにくい場合には、
動画で調べることもできる時代ですからね。

 

日本の動画だけではなくて、
世界の動画までしっかりとチェックして、
細かなスキルを習得してみてください。

 

 

また、おすすめの本ではありませんが、
スポーツを見ることも仕事の一つです。

 

ご自身が関わっているスポーツだけでなく、
気になったスポーツの動画・映像を
細かくチェックしておくのも勉強になります。

 

最近はユーチューブで見れるので、
本当にすごい時代になったと思います。

 

 

選手がどのように動いていて、
どのように怪我をしているのか?

 

どんな筋肉に負担が加わって、
どんな関節を痛めているのか?

 

など、映像を見るだけでも
多くのことを勉強することができます。

 

 

当然、何も勉強していない状態では、
ただのスポーツ観戦になってしまうので、
先に勉強を行っておく必要はあります。

 

その中で解剖学の勉強を行なっておくと、
筋肉に対する負担が面白いようにわかってきます。

 

いろいろ解剖学の本がありますが、
僕はネッターの解剖学図譜が好きなので、
これをオススメしておきます。