スポーツトレーナーになるのに、海外留学はおすすめですか?

スポーツトレーナーになるのに、海外留学はおすすめですか?

スポーツトレーナーになるのに、海外留学はおすすめですか?

 

スポーツトレーナーとして働く場合、
海外留学も一つの手段になります。

 

僕の友人のトレーナーだったり、
教え子のトレーナーたちの中にも
海外留学経験者は多くいますよ。

 

 

これからの時代は、
間違いなく日本だけで活動する時代ではありません。

 

ネットがここまで広がって、
情報もいつでも手に入る時代になって、
住んでいる場所も関係ない時代になってきました。

 

グローバル化が進むにつれて、
ますます平均化が進むようになります。

 

僕も海外にしょっちゅう行きますが、
日本が徐々に衰退しているのがわかりますし、
他の国がぐんと伸びているのもよく理解しています。

 

あらゆるものが平均化され、
能力・実力主義が当たり前の世界に
突入しようとしている大きな時代の変換点です。

 

 

海外留学を行なうことで、
スポーツトレーナーとしての技術を学べるだけでなく、
グローバル社会で生き抜くことを学べると思います。

 

日本の文化と海外の文化は、
個々の国々で大きく異なります。

 

日本では当たり前だと思っていたことが、
他の国ではNGの行為だったりもします。

 

生活スタイルも違えば、
食生活もまったく違いますし、
宗教なども大きく異なることがほとんどです。

 

自分自身の当たり前を打ち崩して、
「多様性」を知ることが重要ですね。

 

 

海外でもトレーナーは活躍していますし、
海外のほうがトレーナーを募集していることは多いので、
日本で活動するよりも幅は確実に広くなります。

 

英語ができない方であっても、
英語しかできない環境で暮らしていると、
だんだんと英語ができるようになります。

 

僕も、簡単なビジネス英会話程度であれば、
独学でどうにかなったものです。

 

「英語が苦手だから」という言い訳だけで、
自分自身の人生を狭めないでくださいね。

 

「お金がないから」という言い訳をするくらいなら、
少しでもお金を稼ぐ能力を身に着けて、
スピーディにお金を稼いで海外留学してみてください。

 

 

海外留学は、
とても良い経験になるだけでなく、
これからの時代に必要になることだと思います。

 

高校生の若い方などが見ている場合は、
ぜひ検討していただければと思います。