スポーツトレーナーは、ピアスOKですか?

スポーツトレーナーは、ピアスOKですか?

スポーツトレーナーは、ピアスOKですか?

 

スポーツトレーナーになる場合、
ピアスはしないほうが良いですね。

 

厳禁というわけではありませんが、
他の人からみて「NG」となる場合が多いです。

 

 

スポーツトレーナーとして
企業や個人選手にかかわる場合、
すべて「ビジネス」の関係性になります。

 

特に企業スポーツ関係に就く場合には、
スポーツ選手と契約を結ぶのではなく、
企業と契約を結ぶ形になります。

 

企業は会社ですから、
フロント業務を行なっている方たちは
ビジネスマンの方がほとんどです。

 

会社にしっかりと勤めていて、
仕事をこなしている方ばかりです。

 

 

スーツをびしっと着こなしていて、
対外業務が多い職種の中で
ピアスはNGとなります。

 

ホワイトカラーのサラリーマンの方で、
仕事中にピアスをしている方は
ほとんどいらっしゃらないと思います。

 

そうした方が仕事の相手なわけですから、
自分自身もピアスをしてはいけません。

 

OKと言われることもあるかもしれませんが、
基本的にはNGになっていることがほとんどです。

 

 

また、実力主義の世界とは言うものの、
年功序列の部分も存在する世界ですので、
上の人から指摘されるケースもありますね。

 

他の方とのコミュニケーションは、
トレーナーとして食べていくには
必須のスキルとなりますので、
嫌われるような行為はしないほうが良いと思います。

 

 

もっと言うと、
スポーツ選手のカラダに接するときに、
余分なものは一切つけないようにしてください。

 

たとえば、スポーツの現場でピアスを落として、
それを選手が踏んで怪我をしたとなったら、
とんでもないことになってしまいます。

 

厳重注意どころか、
クビを切られる恐れもあります。

 

注意してくださいね。