スポーツトレーナーは、マッサージ師でもなれますか?

スポーツトレーナーは、マッサージ師でもなれますか?

スポーツトレーナーは、マッサージ師でもなれますか?

 

あん摩マッサージ指圧師の方は、
スポーツトレーナーとして
活動しやすいと思います。

 

あん摩・マッサージ・指圧のいずれも、
医療行為として行う場合は
国家資格が必要になります。

 

リラクゼーションとして行なう
「もみほぐし」などは
国家資格は必要ではありませんが、
医療行為のものには資格が必要です。

 

 

スポーツ選手のコンディショニング管理に、
マッサージはとても重要です。

 

筋肉のハリ感を取り除いたり、
動きを改善するのに
マッサージは重要なスキルとなります。

 

あん摩マッサージ指圧師の資格があれば、
カラダの管理を徹底的に行なうことが
できるようになります。

 

スポーツトレーナーとして
活動している方も多くいますね。

 

 

資格とは関係ない部分ですが、
スポーツ選手はミリ単位で
痛みなどを訴えてきます。

 

勉強している選手の場合には、
筋肉の部位名を伝えてきてくれますし、
神経の名前なども伝えてきてくれます。

 

「○○から4ミリ横の筋肉に、
施術を行ってください」
といった感じで言われることもあります。

 

これに対応できるかどうかが、
スポーツトレーナーとして
活動できるかどうかの差になります。

 

細かい施術を行える人ほど、
重宝される世界ですので、
スキルは徹底的に磨いてくださいね。

 

 

鍼灸師の資格も同時に取得しておくと、
とても有利に働くと思いますし、
柔道整復師の資格もあれば尚更ですね。

 

複数の医療系資格を有していると、
トレーナーとして活動しやすいと思うので、
複数を取得することも考えてみてくださいね。

 

もちろん、医療系資格がなくても
活動している方はいらっしゃいますので、
よく考えて行動するようにしてください。