スポーツトレーナーとスポーツドクターは、何が違いますか?

スポーツトレーナーとスポーツドクターは、何が違いますか?

スポーツトレーナーとスポーツドクターは、何が違いますか?

 

スポーツドクターとして活動する場合は、
医師免許を取得する必要があります。

 

医師免許を取得した後に経験を積み、
日本体育協会での検定を受けて
スポーツドクターとして活動するようになります。

 

スポーツトレーナーは、
スポーツドクターとしてのお医者さんと
常に連携していく必要があります。

 

お医者さんの診断を元に、
どのような形で競技復帰させて
どのような形で筋トレを行うかなどを、
一緒にプログラム作りしていく必要があります。

 

 

それぞれが専門的な仕事ですから、
お互いにリスペクトしながら
一緒になって選手のことを考えていきます。

 

お医者さんにしかできないこと、
トレーナーにしかできないことが、
はっきりと分かれています。

 

 

ドクターと一緒に仕事するわけですから、
必ず必要になってくるのが医学的知識です。

 

整形外科クルズスをすべて読み込んで、
最低限の整形外科知識は覚えてくださいね。

 

生理学や運動学はもちろんのこと、
解剖学は徹底的に覚えるようにして、
医学的知識を常に蓄積するようにしてください。

 

最低限の医学の話ができなければ、
話にならない世界ですから
必ず基礎知識は勉強し続けてください。

 

テーピングができたとしても、
トレーニングができたとしても、
お医者さんと話ができないと
仕事として難しくなると思います。

 

 

仮にスポーツドクターと一緒に
仕事を行わなかったとしても、
基礎医学はとても重要になります。

 

僕たちは症状を診断することはできませんが、
選手の異常を見つけて、お医者さんに
送致することはとても重要になってきます。

 

ちょっとした不調だと思っていたものが、
実際には重病だったケースもあります。

 

医学的知識があれば、
お医者さんにすぐに相談できるようになるため、
必ず医学的知識は学ぶようにしてくださいね。