スポーツトレーナーには、国家試験がありますか?

スポーツトレーナーには、国家試験がありますか?

スポーツトレーナーには、国家試験がありますか?

 

スポーツトレーナーになるためには、
国家資格は必須ではありませんが、
持っていたほうが良いと思います。

 

スポーツトレーナー、
厳密にはアスレティックトレーナーとして活動する場合は、
日本体育協会が認定しているトレーナー検定試験に
合格して認定される必要があります。

 

ATと呼ばれる資格ですが、
これは国家資格ではなくて公的資格です。

 

国が認めたものではなくて、
公共団体が認めた資格です。

 

公的資格ももちろんすごいですが、
准医療系の国家資格を持っていると
トレーナーとしての幅が広がるようになります。

 

 

鍼灸師の資格をとれば、
疲労感がひどい選手や怪我した選手に
鍼治療やお灸の施術を行うことができます。

 

柔道整復師の資格を取れば、
応急処置として施術を行うこともできますし、
その他、多くのケアを行うこともできます。

 

何も資格を有していない方よりも、
より幅広くケアすることができます。

 

 

トレーニング専門で活動したい方には、
あまり関係のない話かもしれません。

 

でも、総合的なトレーナーになりたい場合は、
やはりトレーニングのスキルだけではなく、
医学系の資格も必要になると思います。

 

テーピングなどは公的資格はありませんが、
准医療行為に当てはまる業務の場合、
何も手出しできなくなる可能性もあります。

 

 

企業の観点に立ってほしいのですが、
選手のケアまで総合的に行えるトレーナーと、
トレーニング指導だけを行えるトレーナー、
どちらを雇う確率が高いでしょうか?

 

経済的に余裕のある会社であれば、
二人とも雇えるかもしれません。

 

でも、日本の企業スポーツの現状としては、
経済的に余裕のある会社はそこまで多くなく、
コストカットしている会社も多く存在します。

 

二人雇うことはできなくても、
総合的なトレーナーを一人なら
雇えるという会社もあると思います。

 

 

自分がどう活動していきたいかは重要ですが、
それ以上に「企業・選手から見た自分」を、
客観的に認識しておくことも重要です。

 

今の自分に、価値はあるだろうか?

 

お金を払ってもらえるくらい、
時間をさいてもらえるくらい、
能力・価値はあるだろうか?

 

常に、上記のことは頭に入れて、
行動するようにしてくださいね。