スポーツトレーナーには、資格が必要ですか?

スポーツトレーナーには、資格が必要ですか?

スポーツトレーナーには、資格が必要ですか?

 

スポーツトレーナーとして活動する場合には、
資格を取得する必要がありますよ。

 

日本体育協会公認のトレーナーであったり、
医療系の国家資格を取得していたり、
その他の知名度の高いトレーナー系の資格を
取得しておく必要があります。

 

知名度の低い資格を取得しても、
あまり意味がありませんので注意してください。

 

 

また、フィジカル系・ウェイト系の
トレーナーとして活動したい場合には、
トレーニングの資格も有効となってきます。

 

トレーニングの資格に関しても、
有名なものから「何の資格だろう??」といった
よくわからない資格まであるので注意してください。

 

 

基本的には

 

・医療系の国家資格

 

・日本体育協会公認のトレーナー資格

 

・CSCSやNSCAなどの世界的な資格

 

を取得してると、
トレーナーとして
認められやすいと思います。

 

僕もそうですし、
僕の友人トレーナーたちも、
上記のいずれかの資格を取得して働いています。

 

 

技術そのものに関しては、
資格は関係のない世界なのですが、
対外的に認められる場合に必要になります。

 

「ああ、この人は、このレベルのことができるんだ」
と他の人に思ってもらうために、資格が必要になります。

 

資格が必要な職種ではありませんが、
多くの場面で資格の効果が現れやすい職業でもあるので、
資格は取得しておくことをオススメいたします。

 

トレーニングの資格の中でも、
健康面・社会面に関係のあるものは、
トレーナーに関係のないこともあります。

 

とっておいて損はありませんが、
一般的な資格だけだと難しいかもしれません。