スポーツトレーナーには、国家資格は必要ですか?

スポーツトレーナーには、国家資格は必要ですか?

スポーツトレーナーには、国家資格は必要ですか?

 

トレーニング専門のトレーナーにしろ、
メディカルまで行えるトレーナーにしろ、
医療系の国家資格は持っていたほうが良いと思います。

 

資格はあくまでも目安でしかありませんが、
業務範囲・仕事の幅が広がるのは間違いありません。

 

スポーツトレーナーの国家資格は、
今のところ日本には存在していません。

 

海外には存在していますが、
日本では公的資格はありますが、
国家資格のものはありません。

 

 

鍼灸師や柔道整復師、理学療法士など、
体のケアを行えるような国家資格を取得しておくと、
非常に便利だと思います。

 

もちろん、国家資格を持っていない
レベルの高いトレーナーも存在しますが、
持っていたほうが有利なのは間違いありません。

 

食いっぱぐれる事が無いというか、
契約を打ち切られてしまったとしても
どうにかなるのが国家資格のすごいところだと思います。

 

 

海外で働くのであれば、
日本の国家資格取得よりも
海外の資格取得をオススメします。

 

昔と比較すると渡航費も安いですし、
留学のハードルも下がっていますので、
海外を目指す方はぜひ目指してみてください。

 

アメリカが有名ですが、
他の国でもトレーナー業務を
募集している国は多くあります。

 

友人は、ヨーロッパで働いていますが、
仕事に困ったことはないと言っていました。

 

 

公的資格だけだと、
職業の幅が狭まる可能性があり、
職業選択が困難になる可能性もあります。

 

その部分は少し注意して、
自分の進路を決めてくださいね。