スポーツトレーナーは、ストレッチのスキルが必要ですか?

スポーツトレーナーは、ストレッチのスキルが必要ですか?

スポーツトレーナーは、ストレッチのスキルが必要ですか?

 

スポーツトレーナーとして活動するには、
ストレッチのスキルを覚える必要があります。

 

どのようなタイプのトレーナーになるにしても、
ストレッチは基本知識として覚えるべきですし、
クライアントからもよく質問される項目です。

 

ストレッチの方法を指導するのはもちろん、
タイミングに合わせたストレッチ指導を行い、
疲労回復や怪我の回復に役立てていきます。

 

 

ここで重要になってくるのが、
解剖学や生理学などの基礎学問です。

 

解剖学や生理学などの
基礎的な学問を学んでおかないと、
ストレッチの効果が薄れてしまいます。

 

筋肉の走行に合わせて
ストレッチを行うことは基本です。

 

また、筋肉の状態に合わせて、
複数の種類があるストレッチのうち、
どれを選択するかを決めるのも
解剖学や生理学の知識が必要になります。

 

なんとなくストレッチしていても、
効果はほとんど出にくいです。

 

 

基礎的な学問をどれだけ学び、
基礎知識がどれだけ頭に入っているかで、
トレーナーとしての基礎が大きく変化します。

 

どれだけすごい技術を学んでも、
どれだけすごい理論を打ち出しても、
基礎ができていないとグラつくだけです。

 

基礎工事のできていないところに、
柱を埋め込んだだけのような
手抜き工事のような状態になります。

 

ストレッチのスキルを学ぶと同時に、
解剖学・生理学・運動学など
基礎の知識もしっかりと身につけてくださいね。