スポーツトレーナーになるのに、筋トレはやっておいたほうが良い?

スポーツトレーナーになるのに、筋トレはやっておいたほうが良い?

スポーツトレーナーになるのに、筋トレはやっておいたほうが良い?

 

スポーツトレーナーとして活動する場合、
筋トレは行っておいたほうが良いですよ。

 

お腹の出ているトレーナー、
カラダが引き締まっていないトレーナーに
筋トレを指導されても信頼されませんからね。

 

「口だけのトレーナー」として思われるか
「自己管理ができているトレーナー」として
選手から信頼されるかは、とても大きな違いです。

 

 

どのようなタイプのトレーナーであっても、
筋トレの知識・スキルは必須になると思います。

 

能力向上系のトレーナーにも、
メディカル系のトレーナーにも、
栄養学専攻の栄養士さんなどにも、
筋トレの知識は必要になると思います。

 

もちろん、専攻レベルまで習得する必要はないですが、
スポーツ選手に関わるのであれば、
どんな職種の方であっても最低限の知識は必要です。

 

 

僕自身、筋トレのビッグスリーは
常に行なうようにしていますし、
体脂肪の管理も行っています。

 

体重を増減させるのも
自分の体を使って行いますし、
いろいろと実験を行なっています。

 

自分自身で追い込んだ経験がある方は、
選手がどれだけすごいことをやっているかを
身をもって理解できるようになります。

 

信じられないような運動能力を持っていて、
信じられないような筋肉レベルで
活動し続けている選手のことを
より信頼できるようになります。

 

 

筋トレを行なうことによって、
座学だけよりもはるかに
すごい経験を積むことができるようになります。

 

時間がない方もいるかもしれませんが、
できるだけ筋トレは続けていってくださいね。