スポーツトレーナーのための保険はありますか?

スポーツトレーナーのための保険はありますか?

スポーツトレーナーのための保険はありますか?

 

スポーツトレーナーとして活動する場合、
保険には入っておいたほうが良いですよ。

 

事故は徹底的に抑える必要がありますが、
どれだけ予防を行ったとしても
何が起こるかはわからないですからね。

 

何かのきっかけがあって
選手に怪我をさせてしまったり、
障害を残してしまう可能性もあります。

 

 

たとえば、ウェイトトレーニング中に、
プレートを選手の上に落としてしまって
怪我させてしまう可能性もあるわけです。

 

激しいトレーニングを行いすぎて、
怪我をさせてしまう可能性もあるわけです。

 

そうしたときに損害が発生した場合、
その損害を補償する必要がありますし、
いろいろな経済的な面が関わってきます。

 

事故はどこで発生するかわからないので、
予防しなければなりません。

 

 

フリーで働いているトレーナーこそ、
保険には加入すべきだと思います。

 

団体に所属していれば、
団体が保険に加入しているはずなので
ある程度の安定性は保たれています。

 

でも、フリーで活動していて、
クライアントに怪我をさせてしまったら、
間違いなく個人に損害補償がまわってきます。

 

信頼性が落ちるのも危険ですが、
経済面で大ダメージを受けるのも
心身ともに強烈な負担となってしまいます。

 

医療系の国家資格を持っている場合、
患者さんに怪我をさせてしまう事故が起きた場合、
補償してくれる保険も広く知られています。

 

 

これからトレーナーになる方には
あまり関係のない話かもしれませんが、
少しでも関わるようになった方は必須の知識です。

 

何かあってからでは遅いので、
必ず保険には入っておいてくださいね。