スポーツトレーナーは、治療ができますか?

スポーツトレーナーは、治療ができますか?

スポーツトレーナーは、治療ができますか?

 

スポーツトレーナーのお仕事のひとつに、
選手のコンディショニングケアがあります。

 

医療系の国家資格を持っている場合は、
怪我の治療などを行なう場合もあります。

 

お医者さんではカバーしにくい部分、
たとえば、筋肉への治療だったり
関節の怪我の中でも軽度なものに対して
治療を行っていくことがあります。

 

スポーツトレーナーとしてというよりも、
治療家として治療を行う感じです。

 

 

トレーナー活動の中で
治療を一緒に行いたい場合は、
必ず国家資格を取得する必要があります。

 

准医療系の国家資格がいくつかあるので、
自分がどんなトレーナーになりたいかを決めたうえで
医療系の国家資格を取得する必要があります。

 

怪我が多いスポーツに関わりたい場合、
柔道整復師と呼ばれる接骨院の資格が必要です。

 

針治療、灸治療で施術したい場合は、
鍼灸師の国家資格が必要です。

 

病院でリハビリを行いたい場合、
病院内でトレーナー活動を行いたい場合、
理学療法士などの国家資格が必要になります。

 

 

基本的には、医療系の国家資格がなければ、
施術することはNGとなっています。

 

ですので、総合的なトレーナーを目指す場合、
准医療系の国家資格は必須になってきます。

 

ドクターとの連携もありますので、
ドクターと普通に会話ができるくらいの
医学的知識は必要になると思います。

 

いずれにしても、治療施術を行う場合は、
国家資格を取得するようにしてくださいね。

 

少しハードルは高いかもしれませんが、
取得して損することはありません。