スポーツトレーナーには、30歳・30代からでもなれますか?

スポーツトレーナーには、30歳・30代からでもなれますか?

スポーツトレーナーには、30歳・30代からでもなれますか?

 

スポーツトレーナーの業界に、
30歳から入ってくる方がいます。

 

医療系の資格などを有していて、
しっかりと勉強している方であれば、
特に問題はありません。

 

年齢は関係ありませんが、
上下関係が強い職業ではあるので、
若い先輩にも対応するようにしてください。

 

 

30代からトレーナーになりたい場合は、
まず、医療系の資格を取得して
経験値を積むようにしてください。

 

経験値を積んでから、
公的なトレーナー資格を取得したり、
CSCSなどの資格を取得してください。

 

医療系の資格を取得することで、
リスク分散にもつながります。

 

 

トレーナーの業界というのは、
狭き門の職種です。

 

自分で開拓できる人であれば
特に問題はないのですが、
待っているだけの人たと
淘汰される可能性が高いです。

 

たとえば、大学に営業に行ったり、
企業に営業に行けるような行動力は、
トレーナーにとって必要なスキルだと思います。

 

 

僕の友人も30代でトレーナーとして
活動を開始しましたが、
大学に営業を行っていました。

 

結果として、現在は、
トレーナー派遣会社を経営しながら、
自分自身でもトレーナー活動を行っています。

 

トレーナーのことを知っていても、
どこに頼んだら良いかわからない
会社や学校は多くあります。

 

そうしたところへ営業へ行って、
仕事を取ることができれば
30代でも関係なく働くことは可能です。

 

 

就職するのは難しいのかもしれませんが、
そうしたときに医療系の資格があれば、
スポーツ系の治療院等で働くことが可能です。

 

スポーツ系の治療院で働くと、
自然とトレーナー業務を任されることがあり、
スポーツトレーナーの経験値を積むことができますよ。

 

医療系の資格はとても有利ですし、
とても重要なものになりますので、
取得することをオススメいたします。