スポーツトレーナーは、テーピングの知識が必要ですか?

スポーツトレーナーは、テーピングの知識が必要ですか?

スポーツトレーナーは、テーピングの知識が必要ですか?

 

スポーツトレーナーになるのであれば、
テーピングは必ず覚えるようにしてくださいね。

 

ホワイトテープでがっちり固定する方法、
キネシオテープで伸縮性を高める方法など、
いろいろなテーピングの種類があります。

 

選手の状況に応じて
使い分ける必要がありますので、
複数の種類のテーピングを覚えてくださいね。

 

 

特に即刻性のあるテーピングというか、
その場で痛みを軽減できるテーピングを
行えるようになると有利です。

 

トレーナーのスキルによって、
痛みの軽減度合いが異なりますので、
レベルを上げるようにしてくださいね。

 

 

レベルを上げるためには、
基礎医学をしっかり勉強することと、
自腹でテーピングを購入することが必要です。

 

関節の構造・筋肉の動きなど、
徹底的に勉強したうえで
テーピングを行なうようにしてください。

 

基礎医学を勉強しておかなければ、
テーピングもうまく活用できません。

 

 

練習を行うためには、
自腹でテーピングを購入して
反復練習を行う必要があります。

 

会社で購入してくれることもありますが、
自腹でテーピングを購入することによって、
より緊張感をもって練習できるようになります。

 

テーピングがどれくらい値段がかかるか、
どれくらい経済的負担がかかるのかという
コスト管理の勉強にもなります。

 

コスト計算を行っておくことも
トレーナーとしては必要な部分です。

 

 

テーピング専門の民間資格もありますし、
各種講座なども開かれています。

 

勉強すればするほど、
経験すればするほど、
テーピング能力は高まります。

 

しっかりと勉強をして、
テーピングスキルを高めてくださいね。