スポーツトレーナーは、確定申告が必要ですか?

スポーツトレーナーは、確定申告が必要ですか?

スポーツトレーナーは、確定申告が必要ですか?

 

会社員としてスポーツトレーナーを行う場合は、
確定申告を進んで行う必要はありません。

 

会社の経理が行なってくれますし、
特別な申告がない限り
確定申告を行う必要はありません。

 

 

でも、僕のように、会社を経営する立場、
個人事業主・フリーランスの立場としては、
必ず確定申告を行う必要があります。

 

収益が年間20万円以下の
副業として行っている場合は
確定申告しなくても良いと言われています。

 

でも、それ以上の金額の場合は、
必ず確定申告を行う必要があります。

 

 

高校生の方には難しいかもしれませんが、
税金は、しっかりと払う必要があります。

 

支払っていないと、
過去に遡って徴収されますし、
重加算税を追加されるようになります。

 

金額が大きい場合には、
逮捕される可能性もあるので、
必ず税金は支払う必要があります。

 

スポーツトレーナーとは関係なさそうな部分ですが、
フリーランスという観点からしたら、
とても重要な部分なので覚えておいてくださいね。

 

基本的には税理士さんにおまかせして、
自分の業務に専念することをオススメします。