スポーツトレーナーは、個人事業主ですか?

スポーツトレーナーは、個人事業主ですか?

スポーツトレーナーは、個人事業主ですか?

 

スポーツトレーナーは、
個人事業主として独立可能な職業です。

 

チームと契約する場合も、
個人事業主として委託契約のところもありますし、
一時的な社員契約のような形のところもあります。

 

 

僕自身は、治療院を経営していて
株式会社化にしてありますから、
個人事業主という立場ではありません。

 

でも、スポーツの現場では、
個人事業主の立場というか
考え方で選手に望むようにしています。

 

 

どの個人事業主・自営業も同じですが、
技術があるのは当たり前の世界です。

 

どれだけ技術があったとしても、
それを有効活用することができなければ、
誰も相手にしてはくれません。

 

どんなにすごい技術を持っていても、
それを周知させて多くの人に知られていないと、
誰もお客さんはやってきません。

 

スポーツトレーナーの中には、
職人気質の方も多くいらっしゃいますが、
職人の考え方だけだとうまくいきにくいです。

 

多いんですよ、
上記のようなトレーナー。

 

 

技術があるのは当たり前で、
それをどうやって活用していくか、
そして、どうやって知らせていくか、
営業能力のような部分も必要になります。

 

ビジネスの知識というか、
ビジネスマンとしての知識が無いと
うまく渡り歩けない世界だと思っています。

 

特に個人事業主として「プロ」の形で行う場合、
営業能力は必須のスキルになります。

 

 

技術を磨けば磨くほど活躍できる、
という世界ではありません。

 

日本の伝統工芸などを見ていても、
とんでもないスキルを持っている方は多いですが、
埋もれてしまっていますよね。

 

有名な伝統工芸士の名前、
すらっと言うことができますか?

 

 

トレーナーの場合も同じで、
技術は優れているのに営業能力がなくて、
埋もれてしまっている方も多く存在します。

 

個人事業主として活動する場合は、
技術・スキルだけの勉強を行うのではなく、
必ず営業・ビジネススキルを勉強してくださいね。