スポーツトレーナーの仕事には、ベッドは必要ですか?

スポーツトレーナーの仕事には、ベッドは必要ですか?

スポーツトレーナーの仕事には、ベッドは必要ですか?

 

スポーツトレーナーとして活動する場合、
ベッドは重要な道具になります。

 

特に帯同しながらトレーナー業務を行う場合、
折りたたみ式の軽量で頑丈なベッドは役に立ちます。

 

選手のマッサージなどを行えますし、
テーピングもベッドで行なったほうが楽です。

 

選手側もベッドに寝てくれると
リラックスした状態になりますので、
筋肉も緩み施術しやすくなります。

 

地面で施術を行うよりも、
格段に楽なフォームで施術できます。

 

 

そこまで高いものではありませんので、
独学のためにも購入すると良いと思います。

 

僕も、医療系の専門学校時代、
自宅に治療用のベッドを購入して
毎日、練習を行っていました。

 

友達に施術の練習を行ったり、
家族に受けてもらったりしながら
筋肉の構造等を学んでいきました。

 

高級なベッドは必要なく、
簡易なもので十分だと思います。

 

もし購入できるようであれば、
バストマットや足置きマットなども
一緒に購入するとより勉強になりますよ。

 

 

高さも数センチ単位で変更でき、
ベッドの高さに応じて
いろいろなことが変わってきます。

 

患者さんが乗りやすいかどうか、
自分の体に合っているかどうかなど、
修行時代から勉強すると良いと思います。

 

 

身長が高めの治療家の場合、
ベッド選びは難しくなります。

 

自分の身長に合わせたベッドを選ぶと、
患者さんが乗るときに困難になるため
負担が入りやすくなります。

 

こうした部分も、自分でベッドを購入して、
患者さん役の人に手伝ってもらわないと
わからないことですからね。

 

教科書には載っていないと思います。

 

スポーツトレーナーを目指すのであれば、
ベッドは購入しておいて損はありません。