スポーツトレーナーとして働く場合、契約書は必要?

スポーツトレーナーとして働く場合、契約書は必要?

スポーツトレーナーとして働く場合、契約書は必要?

 

スポーツトレーナーとして働く場合は、
必ず契約書を交わすようにしてくださいね。

 

口約束だけで契約を行うと、
とんでもない目にあうことがあります。

 

特に派遣型のスポーツトレーナーの会社に
就職する場合は、注意してくださいね。

 

 

選手や企業と直接契約を結ぶ場合は、
契約書が用意されていると思うので、
それをしっかりと読み込んだうえで
契約書にサインするようにしてください。

 

契約書の中身が書き換えられている可能性もあるため、
しっかりと内容を読むようにしてくださいね。

 

「変なことをする企業・選手はいない」
と信じたいところではありますが、
契約書はとても重要なものですので、
性善説で物事を進めないようにしてください。

 

 

冒頭にも書きましたとおり、
派遣型のスポーツトレーナーとして
何処かに就職する場合は、より注意が必要です。

 

ハローワークに提示してある金額と、
実際にもらえる金額が大きく異なっていて、
泣き寝入りしているような方もいるくらいです。

 

信じられないことですが、
ブラック企業化しているところもあります。

 

スポーツトレーナーになるという「夢」を、
うまく利用して搾り取るだけ搾り取る、
金の亡者のような人も少なからず存在しています。

 

気をつけないと「夢」の代償として、
体を壊したり人生を破壊されかねないので、
必ず契約書を結ぶようにしてくださいね。

 

 

お願いしたのに契約書を交わさないようなところは、
もしかしたらブラック化している可能性もあるので、
就職などはよく考えたほうが良いかもしれませんよ。

 

極少数の会社で行われていることですが、
噂を聞くことが多いので注意してください。