スポーツトレーナーの給与・収入はどれくらいですか?

スポーツトレーナーの給与・収入はどれくらいですか?

スポーツトレーナーの給与・収入はどれくらいですか?

 

スポーツトレーナーとして働く場合、
見習いというか新人の期間中は
サラリーマンの初任給レベルだと思います。

 

年収300万円前後といったところでしょうか。

 

ここからスキルアップして、
だんだんとレベルが上っていくと、
年収も上がるようになります。

 

個人契約の場合には、
選手の年俸にもよりますが
年収600万円前後はいただけると思います。

 

 

僕は、スポーツトレーナーとしてだけでなく、
治療院の経営等も行なっていますから、
年収はもっと上の金額に設定しています。

 

スポーツトレーナーだけでも
十分に食っていくことはできます。

 

 

ただし、注意する必要があるのが、
契約制の職業であることですね。

 

一年間の契約が多いですが、
契約の見直しがある職業なので、
外資系企業と同じ感覚になります。

 

能力の高い方は引っ張りだこになりますし、
能力の低い方は、クビを切られる職業です。

 

スキル・知識・能力が高ければ、
収入も上がっていく職業ですが、
そうでなければ0円のこともありえます。

 

「自称スポーツトレーナー」と言っているだけで、
アルバイト生活になってしまう可能性もあります。

 

 

チームの成績の上下、
選手からの評判によって
環境が大きく変化する職業です。

 

スポーツ選手の環境もシビアですが、
スポーツトレーナーの環境もシビアです。

 

これが、海外に目を向けると、
数千万レベルでもらっている方もいますね。

 

個人契約でもいますし、
チームに帯同するトレーナーの方でも、
数千万レベルの給与の方もいらっしゃいます。

 

日本国内だけに目を向けるのではなく、
これからの時代は海外にも目を向けるようにすると、
青天井で収入が伸びやすい職業だとも言えます。

 

 

もちろん各種スキル・知識はもちろんのこと、
礼儀正しさや社会人としてのマナーなど、
ビジネススキルも重要になるので覚えておいてくださいね。

 

選手のことをしっかりと考えて、
チームの成績を頭で考えることができる人、
そうした能力が高い方が求められていますよ。

 

資格を持っているのは当たり前で、
その先に「その人」がどんな人なのかを
シビアに見られる職業だと思います。