スポーツトレーナーは、メンタルの勉強が必要ですか?

スポーツトレーナーは、メンタルの勉強が必要ですか?

スポーツトレーナーは、メンタルの勉強が必要ですか?

 

スポーツトレーナーと密接した職業の中に
スポーツメンタルトレーナーが存在します。

 

スポーツトレーナーとしても、
最低限、心の勉強は必要になりますし、
選手のメンタルケアは重要な項目となります。

 

メンタルトレーナーとして活動するには、
精神面の勉強を行う必要があります。

 

スポーツドクターの中にも、
メンタル系の先生がいらっしゃいます。

 

医師免許を取得していなくても、
その他の心理系の国家資格取得者であったり、
独自の形でメンタル業務を行っている方もいます。

 

 

重要になってくるのは、
一般的なメンタル業務と
スポーツ観点のメンタル業務は、
少し形態が異なっていることですね。

 

スポーツ選手を相手にする職業なので、
その選手の競技特性などを
詳しく理解しておく必要があります。

 

どのような心理状況で運動していて、
どのような精神状態で行動しているかを
しっかりと把握しておく必要があります。

 

普通の心理学だけでなく、
スポーツ心理学はもちろんのこと、
トレーナー業務のことも理解する必要があります。

 

 

スポーツのことをよく分かっていない方に、
スポーツ選手は何かをしてもらいたいと
思ってはいません。

 

一般の方も同じかもしれませんが
「自分のことをよくわかっている人」
「信頼できる素晴らしい人」に、
何かをしてもらいたいと考えています。

 

座学ばかりで知識があったとしても、
スポーツのことをよく分かっていない人には
スポーツ選手は心を動かされたりはしません。

 

 

スポーツメンタルの分野で働くには、
スポーツの勉強も同時に行ってくださいね。

 

また、できればで大丈夫ですので、
カラダの勉強も一緒に行っていくと、
とても良いサポートを行えるようになると思います。