スポーツトレーナーは、栄養学の勉強が必要ですか?

スポーツトレーナーは、栄養学の勉強が必要ですか?

スポーツトレーナーは、栄養学の勉強が必要ですか?

 

スポーツトレーナーは、
ある程度は栄養学を学んだほうが良いです。

 

スポーツトレーナー系の専門学校の
カリキュラムの中にも、
栄養学が含まれていることもあります。

 

栄養士・管理栄養士の方が
専門的に行っている職業ですが、
トレーナーの現場でも必要になります。

 

 

選手・チームによっては、
栄養士さんが専属でくっついていて、
一緒に行動するケースも多いです。

 

この場合、スポーツの知識、
運動学の知識だけではなくて、
最低限の栄養の知識も必要になります。

 

 

また、個人的に必要だと思うのが、
サプリメントなどの知識ですね。

 

こちらも栄養士さんや医師と
綿密に打ち合わせを行う必要がありますが、
サプリメントの知識はとても重要になります。

 

数多くのサプリメントが出ていて、
それらの勉強はとても重要になります。

 

ドーピング機構で禁止されている成分など、
絶対に使ってはいけないものなどを
知識として覚えておく必要があります。

 

当然、栄養補給としての
サプリメントの有益性なども
学んでおく必要があります。

 

 

食事・栄養は、
スポーツ選手にとって
非常に重要な部分になります。

 

トレーニングを行っているだけ
技術を磨いているだけ、
といった選手は強くなりにくいです。

 

一部の超・天才肌の選手を除いて、
スポーツ選手に適した栄養学というものは
重要な学問になってきます。

 

トレーナーの中にも、
栄養士の資格を併用している方もいます。

 

より専門的な勉強をしたい場合は、
専門学校や大学などに通って
知識を吸収する必要があります。

 

 

トレーニングにも使用する分野ですし、
回復過程においても使用する分野です。

 

栄養学は勉強しておいて、
確実に損がない勉強分野ですし、
これからますます重要になってくると思います。