スポーツトレーナーは、治療院で働けますか?

スポーツトレーナーは、治療院で働けますか?

スポーツトレーナーは、治療院で働けますか?

 

スポーツトレーナーとして働く場合、
治療院を経営したり、
治療院に勤めるのも一つの方法です。

 

僕は治療院などの経営を行なっていますが、
治療家として活動していると
スポーツ選手と接する機会がとても多いです。

 

スポーツ選手がスポーツ選手を紹介してくれて、
口コミだけでどんどん広がる状態になります。

 

スポーツ選手に関わる仕事がしたい場合、
スポーツトレーナーという職業だけでなく、
治療家という職業も視野に入れとくと良いですね。

 

 

治療家として活動しながら、
スポーツトレーナーとしても
活動することは十分に可能です。

 

若いスタッフ、代わりのスタッフが
いることが前提になりますが、
トレーナー活動は並行して行うことが可能です。

 

普段は怪我の治療を行ったり、
患者さんの痛みのケアを行いながら、
契約時にはトレーナーを行うことも可能です。

 

 

治療院には色々なタイプがあって、
スポーツ選手へのケアが得意な治療院、
妊婦さんへのケアが得意な治療院、
慢性疲労が得意な治療院など、
細かく分類されています。

 

院長である治療家が、
どんな勉強を行なってきて、
どんな考え方で施術するかによって
その治療院の特色が現れてきます。

 

もし、スポーツトレーナーを目指す場合は、
スポーツ系の治療院に通院してみて、
どんなことを行っているかを
身をもって経験すると良いと思います。

 

また、あまりにも忙しい時でなければ、
進路のアドバイスにものってくれると思うので、
相談してみるのも良いと思います。

 

治療家とスポーツトレーナーは、
切り離せない関係性の職業だと言えます。