スポーツトレーナーになるためには、どうすれば?

スポーツトレーナーになるためには、どうすれば?

スポーツトレーナーになるためには、どうすれば?

 

スポーツトレーナーになるためには、
まず、自分がどんなトレーナーになりたいのか、
どのスポーツのトレーナーになりたいのかを、
ゴール設定する必要があります。

 

ゴール・目標を先に設定して、
そこまでの道順を細かく設定します。

 

 

・医療系のトレーナーになりたい

 

・筋トレをメインにしたトレーナーになりたい

 

・スポーツの現場で指導するトレーナーになりたい

 

・栄養学を基盤にしたトレーナーになりたい

 

・海外で活躍できるトレーナーになりたい

 

 

いろいろな道筋があると思いますが、
最初の時点で大まかで大丈夫ですので、
理想のトレーナー像を設定しておきます。

 

 

そのトレーナーを目指すのに、
何が足りないのかというのを
徹底的に調べるようにして、
自分の道を決めていきます。

 

もちろん、複数の道を
同時に歩むことも可能です。

 

 

医療系の国家資格を取得しながら、
トレーニングの勉強を合わせて行う。

 

管理栄養士の学校へ通いながら、
トレーナーの講習会などに参加する。

 

少しずつ、ちょっとずつ、
いろいろな勉強を積み重ねて、
複数の資格を取得していく。

 

 

いろいろな方式がありますが、
ご自身がなりたいトレーナー像に向けて、
一歩一歩、歩みをすすめることが重要です。

 

 

・専門学校に行くべきなのか?

 

・大学に行ったほうが良いのかどうか?

 

・短大で資格は取れるのかどうか?

 

・誰かの下で修行を積むべきなのか?

 

・治療家として活動するべきなのか?

 

 

こうした、分からない部分を
徹底的に調べるようにして、
一つずつ道を歩んでいきます。

 

あらゆる学校のパンフレットを取り寄せて、
いろいろな生の情報を調べていって、
自分の道を作り上げていってください。

 

 

筋トレメインで行いたいはずなのに、
医療系の専門学校に行っても
消化不良になることもあります。

 

栄養学を基盤にしたいのに、
トレーナーの専門学校に行くと、
栄養学の授業が少なかったりします。

 

進む方向性の違いで、
勉強内容も大きく異なりますし、
たどり着くゴールが異なってきます。

 

道を間違えてしまうと、
スポーツトレーナーではなくて
まったく別の道に行く可能性もあります。

 

 

僕自身は、
学生時代にトレーナーになりたかった頃、
医療系のトレーナーと筋トレ系を混ぜたような
トレーナーになりたいと考えていました。

 

ですので、医療系の学校に通いながら、
筋トレの勉強を独学で行い、
かつ資格を持っていた師匠を見つけて
いろいろなことを学ぶようにしました。

 

もし、このとき「研究するのが得意な大学」
を選択していたとしたら、
僕は研究員として働いていたかもしれません。

 

 

未来はどうなるかわかりませんが、
未来は自分の歩みが作り出すものです。

 

自分が踏み出した道が、
どの方向へ進んでいくかは、
地図を見る習慣を持つことが必要です。

 

最初にゴール設定を行うことは、
自分の手元に地図を置いておくことなので、
必ず行うようにしてくださいね。

 

漠然と「トレーナーになりたい」と願っていても、
願いは叶いにくいと思います。

 

それよりも、地図を作り上げて、
その地図通りに歩みを進めていったほうが
間違いなく夢は叶いやすくなりますよ。

 

 

楽しみながら、
がんばってくださいね。