スポーツトレーナーは、怪我の対応を行いますか?

スポーツトレーナーは、怪我の対応を行いますか?

スポーツトレーナーは、怪我の対応を行いますか?

 

スポーツトレーナーは、
怪我の対応を行うことがあります。

 

応急処置として行なうことが多いため、
医療系の資格取得をオススメいたします。

 

僕は、鍼灸師の資格と柔道整復師の資格の
両方を持って活動していますが、
怪我に対する応急処置はしょっちゅう行います。

 

 

軽く見える怪我であっても、
放置しておくと症状が悪化して
選手生活に影響をおよぼすことがあります。

 

ちょっとした怪我だと思ったら、
後遺症を残してしまうような怪我だった、
ということを耳にすることもあります。

 

選手がねんざしたのを言わなかったために、
症状が治りにくくなったケースもあります。

 

 

だからこそ、小さな怪我の段階で
早めに回復させることが重要ですし、
大きな怪我の場合は、医療機関への送致が必要です。

 

もし怪我のケアを行うタイプの
メディカル系トレーナーとして活動したい場合は、
柔道整復師の資格取得をオススメいたします。

 

接骨院の先生になるための資格です。

 

この資格が、怪我の応急処置から
怪我の回復に至るまでをカバーしている、
准医療系の資格だと思います。

 

理学療法士の資格もOKですが、
応急処置の部分は柔道整復師のほうが
レベルは上になっていると思います。

 

 

もちろん、資格の有無だけでなく、
何を勉強してきたか、
どんなスキルを身に着けたかで
現場での活動範囲は大きく変わってきます。

 

ただ、無資格の方が怪我の対応を行うと、
いろいろと面倒なことを言う人もいる世界なので、
できるだけ医療系の資格は持っていたほうが良いですよ。

 

アスレティックトレーナーの資格、
CSCSやNSCAなどの資格も重要ですが、
医療系の資格はより重要になると思います。

 

 

どのようなトレーナーになりたいのか?

 

トレーニング指導専門の人になりたいのか?

 

メディカル系として活躍したいのか?

 

などなど、いろいろ考えたうえで、
勉強の範囲を考えて頂ければと思います。