スポーツトレーナーは、営業が必要ですか?

スポーツトレーナーは、営業が必要ですか?

スポーツトレーナーは、営業が必要ですか?

 

スポーツトレーナーにとって
営業活動はとても重要になります。

 

営業スキルがない方の場合、
なかなか契約を取るのは
難しいかもしれませんね。

 

ボランティアなどはできるかもしれませんが、
しっかりと金銭を頂く場合には、
やはり営業スキルは必要になります。

 

 

選手と接するのにも、
監督やコーチと接するのにも
コミュニケーション能力が必要になります。

 

「勝利」という一つの目標に対して、
一致団結して接していく職業ですから、
周囲とのコミュニケーションはとても大切です。

 

コミュニケーション能力は、
まさに営業能力とも言いかえることができます。

 

他の人が何を考えているのか、
他の人が何を欲しがっているのかを考えて、
自分から提案することも重要です。

 

他の人が悩んでいること、
他の人が気になっていることを、
自分のスキルで解決することが重要です。

 

「悩みを解決する提案」こそが、
営業スキルの基本中の基本であり、
醍醐味でもあると思いますが、
まさにトレーナーに必要なスキルです。

 

営業能力がなければ、
誰にも相手にされないと思います。

 

 

現役のトレーナーの中にも、
もともと営業職などで働いていて、
転職してきた方も多くいらっしゃいます。

 

途中から学校に通うようになり、
そこからスキルや知識を身に着けて
トレーナーとして活動している方も多いです。

 

社会人経験がある方のほうが、
営業力のスキルは高いと思います。

 

選手・企業に認められるためにも、
営業能力は重要になります。

 

 

また、海外などの場合には、
自分で開拓することがさらに必要なので、
より重要なスキルになると思います。

 

のほほんと待っているだけで、
仕事が舞い込んでくるような職種ではありません。

 

自分からガンガンアタックして、
失敗して改善して、
スキルを身に着けてみてくださいね。